×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(´・ω●)孟徳、飯だぞ
2ちゃんねる
ニュー速VIP
めだまやき・・・。


「ェ 首頁

「ェ 登場人物

「ェ >>1

「ェ ガンガレ!d兄

「ェ 絵師さんpresents

「ェ 過去ログ

「ェ 一言コメント

「ェ サイトマップ

成最高評議会議長、サルバート・デュランダル

その頃・・・


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::j::::::|
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;|::::i::::::::::::::::::::::::}:::::::|
   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ l::::l::::::::::::::::::::::;':::::::::',
、_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _ ';:::i;:::::::::::::/:::/::::::::::::',
、_::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/-rミ、ヽl::l|:::::::::::/:;イ:::::::::::::::;' んーあーあーマイクテストマイクテストおk?
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::{ ``''、ヾl/l:::::::ノj/_j:::::::::::;:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::',     j::::ノf;ヘ/::::::::::/l:::|   ___
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヾ、    ク'´ l _ノ:::::::/ ,j:/''"´      `丶、
::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::;::ヽ      _, 7:、::::::', /ノ::              \
::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ;、:::::ヾ;:ヽ `;:‐-_ァ/::::::ト;::::l':::::.::::...: . / .:  :.      }
::::::::::::::::::::::::::::::lヽ、ヾ';:::::',ヽヽ `",ィ::::::::::::::}ヽ:|::::l:::::::.::: / /i:i::. l';:::.、    ,!
:::::::::::::::::::::::::::::::',`''=ヽ::::', `ヾ ,イ ヽ:::::::::::::| トj:::::|:::|:;:: イ/_ ';:ト;:l ヽ: l ;.   ',
::;ィ::::::::::::::::::::::::::::\  `7;::'iァ;r':::ヽ ヽ::i::::::j ';::::/|:::|:l::iriぅ;ニヾ ヾ,r;l:l::l:. :   ',
´{:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ/:::ムメ/::::::::::\.リl:::/ l::::',|::::';:i:|  ̄´ .::.i ゞl::i:: :: . l|
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾi/:::::::::::::::::ヽj/  j:::::::|:::::ヾ`     , 、ノノj:/::/:l j
 ';:::i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::r'´   ノ::::::::!:::::;::',`  ,....::..、_,ノ,イノj:ル'
  ヾ',ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;:::::::::::::::'、__,.ィ;'/:::::::::l::;:::ヽヽ、  " ,フ"´{ .´ バッチリです
   `` ` ー―‐ァ;:::::::::::::、::',ヽ;;;;;;:::::::::::::::`ヽ;::::::::::lヘ::::;ヾニ;ヽ,.ィ::::::、 'リ
        /(:::::::::::::::::ヾiゝ, ヽ`ヽ;::::::::::::::',`丶、ゝ`‐ゞrゞ/ハ::;::::::. ,ヾ;-
ヽ、     /  l::::i;::::::::::::ハ lヽ ヽ ``−、;ト;j   `ヽ  ヽl」ノ `ヽj ハ}
、  `丶 、 , '  /ヽ|`ー、::| l | ヽ ヽ   ′'     }  /ヽ  r-'、 ̄`ヽ、




   !:/::::/::::::::::::::::l:::::::/::::::::::::::::::::::::/L__\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::;::'::::::::::::::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::/    ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::/:::::::::::::::::::::::!::::::!::::::::::::::::::|:::::!      ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::;イ:::::::::::::::::::::::::!:::::l:::::::::::::::::::l:::l'       ';:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |:/ !::::::::::::::::::::::::::':;:::゙r;:::::::::::::::::l;::!      __リ'!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l:!. |:::::::::::::::::::::::::::::゙r、lヽ::::::::::::::ハ! __,,..-;:=ニ''"´ !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  l:! ';!:::::::::::::::::':;::::::::l弍'、',:::::::::::l /-‐''",.ィ"テTア|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  ';!  `ヽ:::::::::::::::ヽ::::|r-tテミ、::::::::',   −'‐''"´ !::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'
      ';::::::::::::ヽ::';::'、`ゞ'"´\:::::',          /::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'
      ';::::::::::::::'、:':;:ヽ   /::::\:'、       ノ:;::':::::::/::::;:-―::::::::::::::::::::::::l' /
       ';::::::::::::::::ヾ、'`、 /:::::::::::`ヾ、  _//:::;:-7;:-''::::::::::::::::::::::::::::::::::l' /
       }::::::::::::::/::::::T`        _ブ;:‐''"´/:::::::::::::::::::::;:イ::::::::::::::::|/
       |:::::::::::::l!:::::::::ト, ヽ _     '"´   /:::::::::::::::::;:-'" /:::::::::::::::::j′
       |::::::::::::ハ:::::::::| ゙r、 r――;:=‐  /:::::::::::::;:‐ 7  __/:::::::::::::::::/ ここからはセリフが糞長いので
       l::::::::::;' ';:::::::! .l:::ト、` ニ´   /::::::::;:-''´ /_;:ニ‐/:::::::::::::::::/
       ';:::::::::l  ヽ::::l ';::!. ヽ    /:::;:‐''´ _;:ニニ'"__,.ノ::::::::::::::::::/  AAは省略させていただく!!
        ';:::::::l   ヽ:'、 `  '、 /-''" _;:ニ;:=‐'"´::::::::::::::::::::::::::/
        ヽ:::|    ` `    メ、___,.ィ∠‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヽ!             f'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          `            j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                r、___,.‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                `''ーァ―‐''´:::::::::;: -――――――‐l




「皆さん、私は袁術軍代表袁公路です。各国の戦争状態が解決しておらぬ中、

 突然このようなメッセージをお送りすることをお許しください。ですがお願いです。

 どうか聞いていただきたいのです。私は今こそ皆さんに知っていただきたい。

 こうして未だ戦火の収まらぬわけ。
 そもそも、またもこのような戦争状態に陥ってしまった本当のわけを。

 各国の政策に基づく情報の有無により、
 未だご存知ない方も多くいらっしゃるでしょう。

 これは過日、漢帝国がどのような状況にあるのかおさめた様子です。

 漢帝国は十常侍が専横し、民の汗と血を吸って生き延びてきました。

 我々はすぐさまこれの阻止と粛清を行いましたが、
 残念ながら多くの犠牲を出す結果となりました。

 何故こんなことになったのか。

 漢帝国は高祖劉邦が民の出身であったことから民の国と言われていますが、
 これが民の国なのでしょうか?」




「こうして民を苦しめることが!確かに我々の軍は漢帝国のあり方に異を唱え、
 重税の免除し、自立を果たそうとする人々を
 人道的な立場からも支援してきました。

 こんな得るもののないただ戦うばかりの日々に終わりを告げ
 自分たちの平和な暮らしを取り戻したいと。
 戦場になど行かず、ただ愛する者達とありたいと。
 そう願う人々を我々は支援しました。

 なのに和平を望む我々の手をはねのけ、我々と手を取り合い、
 憎しみで討ち合う世界よりも対話による平和への道を選ぼうとした民草を
 漢帝国は曹操を使い、有無を言わさず虐殺したのです!子供まで!

 何故ですか?

 何故こんなことをするのです!
 平和など許さぬと!戦わねばならないと!誰が!何故言うのです!

 何故我々は手を取り合ってはいけないのですか!?」




「このたびの戦乱は漢帝国の腐敗から始まりました。

 それを止め得なかったこと、それによって生まれてしまった数多の悲劇を、
 我々も忘れはしません。

 被災された方々の悲しみ、苦しみは今も尚、深く果てないことでしょう。

 それもまた新たなる戦いへの引き金を引いてしまったの、
 仕方のないことだったのかもしれません。

 ですが!このままではいけません!

 こんな討ち合うばかりの世界に、安らぎはないのです!

 果てしなく続く憎しみの連鎖も苦しさを、
 我々はもう十分に知ったはずではありませんか?

 どうか目を覆う涙を拭ったら前を見てください!
 その悲しみを叫んだら今度は相手の言葉を聞いてください!

 そうして我々は、優しさと光の溢れる世界へ帰ろうではありませんか!

 それが我々全ての人の、真の願いでもあるはずです!」




「なのにどうあってもそれを邪魔しようとする者がいるのです。

 自分たちの利益のために戦えと、戦えと!
 戦わない者は臆病だ、従わない者は裏切りだ、

 そう叫んで常に民を苦しめ、大量虐殺までした男・・・

 平和な世界にだけはさせまいとする者。

 徐州の惨劇も彼の仕業であることは明らかです!

 董卓の子飼いの将である李カク、郭の手から逃れてきた帝を
 彼が我先にと手に入れ、再び操り人形にしたことを皆さんは御存じでしょうか?

 そうして常に敵を創り上げ、常に世界に戦争をもたらそうとする、

 魔王曹操!!!

 彼こそが平和を望む私達全ての、真の敵です!

 私が心から願うのはもう二度と戦争など起きない平和な世界です。

 よってそれを阻害せんとする者、
 世界の真の敵、曹操こそを滅ぼさんと戦うことを私はここに宣言します!」




「今私の中にも、皆様と同様の悲しみ、怒りが渦巻いています。

 何故こんなことになってしまったのか?

 考えても既に意味のないことと知りながら、
 私の心もまた、それを探して彷徨います。

 私たちは、何度も大きな戦乱を経験しました。
 そして、その度に誓ったはずでした。

 こんなことはもう二度と繰り返さないと。

 にもかかわらず、天下は乱れ、努力も虚しくまたも戦端は開かれ。

 戦渦は否応なく拡大して。

 私たちはまたも同じ悲しみ、苦しみを得ることとなってしまいました。

 本当にこれはどういう事なのでしょうか。

 愚かとも言える、この悲劇の繰り返しは。

 一つには、先にも申し上げた通り、間違いなく曹操の存在所以です。

 今あえて私は申し上げたい。

 我々は今度こそ、もう一つの最大の敵と戦っていかねばならないと」




「そして、我々はそれにも打ち勝ち、解放されなければならないのです。

 みなさんにも、すでにお判りのことでしょう。

 この国の歴史から戦いの無くならぬ訳を。

 常に存在する最大の敵。
 それは、宦官や外戚に振り回される帝を作り上げた漢帝国自身だということを。

 地を離れて宇宙を駆け、
 その肉体の能力も、様々な秘密までも手に入れた今でも。

 人は未だに人を判らず、自分を知らず、明日が見えないその不安。

 同等に、いやより多く、より豊かにと、飽くなき欲望に限りなく延ばされる手。

 それが、今の私たちです。

 争いの種、問題は、全てそこにある。

 だがそれももう、終わりにする時が来ました。終わりにできる時が。

 我々はもはや、その全てを、克服する方法を得たのです。

 全ての答えは、皆が自身の中に既に持っている。

 それによって人を知り、自分を知り、明日を知る。

 これこそが、繰り返される悲劇を止める、唯一の方法です。

 私は、人類存亡を賭けた最後の防衛策として、
 新しき国の創立を、今ここに宣言いたします」


197年(建安2年)

袁術は寿春を都として皇帝を称し、国号を成と称号し、元号を仲家とした




ヽ(`Д´)ノ・・・
(´・ω●)孟徳、元気だしなよ
ヽ(`Д´)ノ・・・
(´・ω●)孟徳・・・


( ´・_・`)袁術が皇帝僭称・・・
( Θ_Θ)しかも、我が殿を引き合いにするとは・・・徐州の虐殺をネタにしおって・・・
ξ゚听)ξほんっっっとえげつないわ!
( 'A`)民衆が袁術を支持し始めているとの話だ
( ^ω^)なんだお!?漢帝国が終わってもいいのかお?
(`・ω・´) 袁術の巧みな話術によるものだ。実質、袁術はただの逆賊に過ぎん
ξ゚听)ξそうよ、実際に孫策が離縁状を叩きつけたと聞くし、
      呂布も縁談の話を蹴ったそうよ
( 'A`)だけど今回の僭称は響くぜ・・・
( ´・_・`)ところで殿はどうなされてます?夏侯惇殿
(´-ω●)・・・
(`・ω・´) 惇兄!
(´・ω●)え、あ・・・う
( ´・_・`)殿はどうなされてます?
(´・ω●)んー、丁夫人が実家に帰っちゃって・・・ショボーンってなってる
( ^ω^)自業自得だお!普段から女癖悪いからだお!
ヽ(`Д´)ノ誰の女癖が悪いって?
( ^ω^)ぶっ!!
( ´・_・`)殿!!
ヽ(`Д´)ノ袁術が皇帝を僭称し、こちらに軍を向けているそうだな
( ´・_・`)はい!
ヽ(`Д´)ノ荀ケ、お前を侍中尚書令に任命する
( ´・_・`)え!僕がですか!?
(´・ω●)おめでとー!やったね!
ヽ(`Д´)ノ帝に謁見する。ついて参れ!




(><)曹操、袁術が皇帝を僭称した。これはもう逆賊以外の何者でもないでしょ
ヽ(`Д´)ノはい、そのとおりです
(><)じゃあ諸侯に協力を求めて反袁術連合を作るというのはどうかな?
ヽ(`Д´)ノ反対です
(><)きっぱりいうね
ヽ(`Д´)ノそんなことをすれば帝の器を疑われますぞ
(><)どういうことですか?わかんないです
ヽ(`Д´)ノ袁術が帝を僭称してもこの国の主はあなたということです
(><)あ・・・つまり、袁術のことなど放っておけと?
ヽ(`Д´)ノそのとおりです。さすが陛下、物分りがよろしい
(><)はずいんです!で、袁術が攻めてきているらしいけどどうするんだい?
ヽ(`Д´)ノ大丈夫です。この荀ケに一任しております。
(><)曹操自ら出陣しないのかい?
ヽ(`Д´)ノそんなことをすれば私の器が疑われますwww
(><)ははっwwwなるほどwww
    袁術は自ら討って出る必要もないってことかwww

( ´・_・`)(帝と曹操はまるで長きを共にした友人のようだ・・・)



posted by 12スレ>>68->>130

戻る